日産エルグランド(E51) 本革シートリペア

0
      こんにちは。黒ちゃんです

    先日、近隣のショップ様よりの依頼で
    2代目エルグランドE51のシートのリペアをさせていただきました

    運転席の座面の向かって左側、つまりクルマの外側の本革部分が
    擦れて塗装が剥げちゃってました

    このままでは、おクルマの評価も下がってしまいますね

    施工前                         


    施工後


    そんなときは、黒ちゃんにご相談を

    施工前
     
                            
    施工後


    下地をサンディングしてキレイに均し、しっかりと色を合わせて塗装します

    施工前


    施工後 


    肘を置いてよく擦れるアームレストもこの通り

    施工前

                             
    施工後


    これでお客様にも喜んでいただけるはず

    本革が劣化したまま我慢しておクルマに乗られている方も多いはず
    ご予約いただければ即日施工も可能です
    是非是非ご相談くださいね


    姫路・高砂・太子エリアのトータルリペア加盟店はこちら
    http://tr-kuroda.com/
    Check

    インプレッサ タバコ穴修理

    0
        みなさんこんにちわ。黒ちゃんです

      最近、リペアのほうHPを見たっていうお客様によくご来店いただいています。

      本当にありがとうございます。

      このインプレッサのお客様もその中のお一人


      助手席のシートにぽっこりとタバコのこげ穴があいてました

      「綺麗に直りますかねぇ?」
      「このシートは細かい模様が入っているのでその模様までは再現できませんが
        目立たなくなるようにリペアはできますよ」
      「じゃあお願いします」
      「お任せください


      作業にかかってから約30分

      はい出来上がりました


      なんとなく模様も再現できてるでしょ?

      お客様にもとても喜んでいただきました




      姫路・太子・高砂エリアのトータルリペア加盟店

      http://tr-kuroda.com/

      Check

      180系マジェスタ ダッシュパネル リペア

      0
          
        みなさんこんばんわ、黒ちゃんです

        今日はインテリアリペアの事例を紹介します。

        先日のお昼過ぎ、
        いつも親しくさせていただいてる業者さんから一本の電話がはいりました。

        「黒ちゃんって内装のリペアやってるって言ってたよなぁ?」
        「はい、やってますよ〜」
        「助けて今日中でやってもらいたい仕事があるんやけど車持っていってもいいやろかぁ?」
        「え!?今日ですか?なんとかやってみますので、できるだけ早く持ってきてください」

        その業者さんの電話の声は、かなり焦ってる感じで、
        よくよく話を聞くと、その日の夕方にその車を納車しなきゃいけないみたいなんです



        約一時間後に持って来られた180系マジェスタは
        インパネのウッドパネルが外してありました



        よ〜く見ると、外してあるパーツの周りの表皮が数箇所めくれちゃってます



        あちゃ〜これはパーツをはめても丸見えになっちゃうなぁ



        「なんとかなるやろか〜?
        「まぁ、これぐらいならなんとかなるでしょう
        「助かるわぁ。神様仏様黒田様やぁ
        「いやいや、それは言いすぎ
        「じゃあ、夕方5時過ぎにもらいにくるわ〜」



        「ええええええ〜!急がな時間無いやん

        その後何度も、どない〜?いけそう?という問い合わせの電話を受けながら

        何とか5時前に完成塗料の色合わせが二色必要だったので大変な作業でしたが、
        これなら喜んでもらえるやろってレベルの仕上がりにはなりましたよ

        完成はこんな感じ



        ちょっと下地の処理がイビツな部分はありますが、
        時間に追われてたので今回は目をつむってください〜



        引き取りの来られた業者さんにも大変喜んでいただき、
        あ〜、リペアの仕事を取り入れて良かったなぁ〜
        と、しみじみ思った黒ちゃんでした



        痛んだ自動車内装に関するお悩みやお問い合わせはこちらまで
        http://tr-kuroda.com/







        Check

        シートリペアの事例

        0
          こんばんは、黒ちゃんです

          今日はシートのリペアの事例をいくつか紹介したいと思います。

          まずはこのファブリック地のシート

           

          運転席の外側の部分が、乗り降りの際に擦れて擦り切れちゃってます



          でも黒ちゃんなら、こんなシートの補修はお手の物

          施工しない部分に専用の接着剤が付かないよう、しっかりとマスキングをして



          特殊なファイバーを吹きつけたらハイ完成

          違和感なく仕上がったでしょ?


          続きましては、ダイハツムーブラテの本革シートです。



          これは大きくタバコ穴が開いちゃってますね

          通常、本革シートでここまで焼き穴が開くことはないのですが。。。



          こんな大きなタバコ穴も黒ちゃんにかかればこの通り

          ジャ



          どうですか?これもキレイに穴が塞がり、色もピッタリ合ってますよね


          そして、も一つ。

          これはファブリック地のシートのタバコ穴ですが

          あいてる箇所が側面で施工が難しい



          アップにするとこんな感じ



          ところがところが、これも黒ちゃんにかかれば、あ〜ら不思議



          まぁ、なんてことでしょう

          あんなにポッカリとあいてたタバコ穴が、匠の技術でほらこの通り



          これでオーナーの方も気持ちよく乗っていただけますね


          このように、本革からファブリックまで色んな素材の補修ができますので

          みなさんも、もしもの時は黒ちゃんにご相談くださいね


          それでは、みなさまのご来店心よりお待ちしております。


          Check

          ポルシェカイエン インテリアリペア

          0

            こんばんは、トータルリペアの黒ちゃんです

            先月の29日にリペア(補修)の事業を開業させていただいてから

            まだあまり営業らしい営業はできてはいないのですが、

            このブログで書いてるのを見ていただいているのか

            ちょこちょことリペアのお問い合わせ&施工のお仕事をいただけるようになりました

            本当にありがたいことです

            これからはもっともっと、

            このトータルリペアの事業にも力を注いでいきたいと考えていますので

            こちらのほうもシートカバー事業と同様のお引き立てを宜しくお願いします


            そこで今日は、先日施工させていただいたインテリアリペア(内装の補修)

            の紹介をしたいと思います

            じゃ〜ん、ポルシェのカイエン新車で買えばきっと一千万円近くするはず

            こんな高級車でも年数が経つと色んなところに劣化の症状が現れてきます



            まずはハンドル。

            ドライバーがいつも手で握ってる所の革が劣化しちゃってます

             

            アップのするとこんな感じ

            革の表面の塗装が剥げちゃってますねぇ

            でも、こんな劣化したハンドルも簡単にキレイになっちゃうんです



            施工部分をクリーニングし、表面をキレイに整えたあと

            スプレーガンでの塗装にはいります。



            塗料が周りに飛び散るので、ハンドル以外の場所を

            完全にマスキングしますこれが結構大変な作業なんです

            そして、エンジンをかけたまま、ハンドルを回し

            グリーッと革の部分全部を塗っていきます。

            で、これで完成



            これでオーナー様にも気持ちよく握っていただけますね



            次はリアシートの肘置き部分の表皮の引っかきキズの補修です。

            これもハンドルと同様に表面をサンディングして均し

            塗装をして目立たなくします



            下が補修後の写真です



            さらには、シートバックのボードのツメが割れて外れちゃってますね

            これじゃ、後部座席に誰も乗れないです




            しかも、ボードをガムテープで固定されていたようなので

            テープを剥がすとノリが残ってしまってネチャネチャ状態



            これは革専用のクリーナーを使って丁寧にノリを取り除いた後、

            ボードのツメを補修し、さらに補強まで行い復元していきます

            これでなんとか元通りキレイになりました



            このおクルマは、弊社をいつもごひいきにしていただいてる

            輸入車ディーラー様が中古車としてお売りになるおクルマです

            こうやって、インテリアリペアでキレイにされた後で

            店頭に並べられると

            すぐに買い手がつくんでしょうね

            これからのU-Carビジネスの賢いやり方だと思います

            そういう時に弊社の技術を有効に使っていただければ嬉しいですね


            では、みなさまのご来店心よりお待ちしております。



            トータルリペア 姫路・高砂・太子エリア加盟店 觜田商会



            Check

            トヨタ・マークX ダッシュボード リペア

            0

               こんばんは、黒ちゃんです

              今年の4月から、新しい技術を身に付けるために

              何度も埼玉まで行き、泊り込みで研修を受けてきましたが、

              ようやく修了証をいただき、その技術を使ってお仕事ができるようになりました

              本日はその技術を少し紹介したいと思います

              先日のこと、このマークXにお乗りのお客様が

              「ちょっとディーラーさんにこちらの店を紹介されて来たんやけど、

                こんな穴補修できるん?」

              「補修箇所を拝見させていただいてもいいですか?」



              こんな会話をしながらクルマのドアを開け、施工箇所のダッシュを見ると

              なんと、直径3センチほどの大きな穴があいちゃってました



              「これどうされたんですか?かなり大きく表面が剥がれちゃってますね

              「ここにレーダー探知機付けてたんやけど、邪魔やから場所変えよ思って

                ぐいって引っ張ったら、バリッて表面が剥がれてもたんや

              「あらら〜よっぽど両面テープがきっちりくっ付いてたんですねぇ

              「ダッシュを交換するのはかなり高くついちゃうから、なんとか補修

                できないやろか

              なんとタイムリーなお客様

              半年前ならどうも出来ずにお断りしてたお仕事ですが、

              今の黒ちゃんならこんな補修も簡単にできちゃうんです



              まずはキズが入るとマズイパーツや、周りの簡単に外せるパーツを外してしまい、

              補修部分とその周りをキッチリとクリーニング



              続いて、硬化しても柔軟性がある特殊なパテを盛って成型していきます



              成型ができたら、次は塗装に移るので塗料が飛ぶとマズイところに

              きっちりとマスキングを施します



              フロントガラスにも塗料が付かないように養生をして塗装しました。



              これが、塗装を終えた完成の写真です

              どうですか?結構きれいにリペアできてるでしょ

              新品のダッシュパネルに交換すれば、10万ぐらいかかるはず!

              それがリペアならその数分の一の金額で済んじゃうんです



              元のダッシュのシボ模様(革の表面の模様)も再現でき、

              お客様にもすごく満足していただき

              「交換する費用が浮いて助かったありがとう

              と、御礼の言葉もいただきました

              新しい技術、取り入れて良かった

              これからは、張り替えと補修の両方で皆様のおクルマが

              もっと個性的に、もっと快適になるよう

              黒ちゃんから色んな提案をしていけたらなって思ってます

              それには、みなさんの要望や相談が不可欠なんです

              小さいことでもいいので遠慮せずに相談してくださいね


              それでは、みなさまのご来店心よりお待ちしております。


              トータルリペア 姫路・高砂・太子エリア加盟店 觜田商会

              Check

              プジョー307 ダッシュボード張替え

              0
                 こんばんは〜、黒ちゃんです

                本日は、先日のブログでちょこっと書いた
                プジョー307のダッシュボードの張替えが完成したので
                その紹介をしたいと思います

                これがお客様から預かった施工前のダッシュボードです
                ディーラーで外しの作業をしてもらい、単体でお預かりしました



                新車で購入されて5年のおクルマらしいのですが、
                かなり痛みが激しいです
                新品交換すると、なんと50万もするらしく
                なんとか直して欲しいとのご依頼でした。



                日本特有の高温多湿の気候のせいか、
                ダッシュボードに張り付けてある革がかなり縮んでしまって
                それに引っ張られて元の素材も割れちゃってますねえ



                とにかく、この割れから修復しないといけないので
                表面の革を全て剥離してしまい、サンディングで整えました
                その後、特殊なパテを使って本体を整形
                なんとかカタチになってきたでしょ?
                表面に出来ていた反りもなんとか戻りましたよ



                縮んでしまった革では型取りが出来ないので
                本体にラインをひいて型を取り直します



                裁断、縫製したレザーをラインに沿って張り付けた状態です
                これだけ大きなパーツになるとラインを合わせて張るのって
                かなりの技術が必要なんですよね


                アップの写真です
                パテで埋めた部分も気にならない程度に治まってます



                メーター周りのラインもきっちりと合ってますねぇ



                助手席側のエアバッグのラインもバッチリですね



                パネルの上部から見た写真です
                これならお客様にも喜んでいただけそうです



                今回の張替えでは、また縮んでしまうことの無いように
                本革ではなく、PVCレザーでの張替えの提案をさせていただきました
                レザーは熱での劣化が少なく、金額もリーズナブルでお得です
                一枚目の写真と比べていただいても、違和感無く仕上がっているのが
                お分かりいただけると思います
                なんとか形になってよかったです〜

                このように弊社では、
                シートカバー以外の内装のお悩みのご相談も承っております。
                小さなことでも遠慮なく相談してくださいね

                それでは、皆様のご来店心よりお待ちしております。
                Check

                1

                旧車内装レストアホームページ

                ブラックフィールドホームページ

                calendar

                S M T W T F S
                     12
                3456789
                10111213141516
                17181920212223
                24252627282930
                31      
                << December 2017 >>

                ブログ担当:黒田卓志

                シートカバー フルオーダー 自動車 内装 張替え 姫路

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • ランドクルーザー プラド シートカバー製作
                  たむ
                • 三菱ジープ 幌新作
                  黒田商会
                • 三菱ジープ 幌新作
                  大ちゃん
                • キャデラックエスカレード シートカバー他内装 アメ車 SUV
                  黒田商会
                • キャデラックエスカレード シートカバー他内装 アメ車 SUV
                  斎藤裕仁
                • ボルボV70 ナビ&フリップダウンモニター取付
                  黒田商会
                • ボルボV70 ナビ&フリップダウンモニター取付
                  佐藤政明
                • WILL VS シートカバー トヨタ
                  黒田商会
                • WILL VS シートカバー トヨタ
                  (^_^)
                • 天井張替え
                  丸本様

                recent trackback

                links

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                有限会社黒田商会

                671-0252 兵庫県姫路市花田町加納原田577-7. TEL. 079-253-0622. FAX. 079-253-9419 黒田商会ホームページ

                AD